နောက်ဆုံးတင်ဆက်ထားသည်မှာ 2024 ခုနှစ်၊ ဇွန်လ 20 ရက်

ミャンマー ニュース

ミャンマー ニュース

国軍がヤカイン州の避難民キャンプの住民に帰宅するよう圧力

避難民は、安全が確保されるまで家に帰れないと主張

地元住民によると、ヤカイン州の避難民キャンプには約70,000人の避難民が暮らしている。 2019年3月、アラカン軍と国軍との激しい戦闘により、多くの人が避難し、いまだに家に帰ることができない人が多い。 マウンターコウン村、ユワハウントー村、パウットーピン村、ウェータリー村からの避難民は、ミャウウー市の八万パゴダの敷地内にある戦争避難民キャンプに滞在している。ヤテータウン郡区から来た人もいる。

写真:APK ヤカイン州の避難民キャンプ


評議会閣僚のテッテッカイン、ココフライン、ミンチャイン、トゥントゥンナウン中将、およびヤカイン州評議会議長であるテインリンは、2月8日から10日まで、ヤカイン州戦争避難民キャンプ等、数か所の国内避難民キャンプを訪問した。評議会閣僚は、避難民キャンプにいる人々は雨期になる前に帰宅すべきだと述べた。

写真:APK ヤカイン州の避難民キャンプ


ミャウウー市スィンチャーセイ小区在住の政治評論家の分析によると、彼らが行っていることは単なるショーであり、無意味な行為であるというが、ほとんどの避難民は、「家に帰れと圧力をかけられても、誰に何と言われようと、安全な場所にいるのが一番だ。みんな家に帰りたいのはやまやまだが、安全が確保されなければ、誰も帰ろうとはしない。国軍は、雨期になる前に家に帰れと圧力をかけてきた。」と口をそろえる。

写真:APK ヤカイン州の避難民キャンプ


彼らが家に帰れば、評議会から一人当たり50万チャットの交付金と、3か月分の食料割り当てが与えられる。評議会関係者は、火事で被害を受けた家があれば修理すると述べた。 避難民キャンプの住民は、家に帰りたくない理由を次のように述べている。「この荷物を持って家に戻ったとしても、また戦闘が始まったら、使えもしない50万チャットをもらってどうするんですか。今のところは安定しているようでも、いつまた戦闘が始まるか分からない。どこも信用できない。生活条件が安全で安定していれば、私は一銭も貰わなくても家に帰りますよ。」ミャウウー市の八万パゴダの敷地内にある戦争避難民キャンプにやってきた避難民は、「時代の眼」に語った。


マウンターコウン村から戦争避難民キャンプに来た避難民は、戦闘中に遭遇したいくつかの出来事について語った。「国軍の兵士たちが銃をたくさん持って出てきて、私たちに怒鳴ってきました。<出て来い! 一発で殺すぞ。> あいつらはとても乱暴で、村中に銃を向けて無差別に撃ちました。 私たちは、身の安全のために隠れなければなりませんでした。兵士たちが臆面もなく浴びせてくる非常に失礼な言葉を聞くことほど辛いことはありません。この屈辱は一生忘れません。私はそれを口にするのが怖いし、もうたくさんです。」と彼は言った。評議会の閣僚は困難を訴える人びとの声に耳を傾けず、避難民は国軍の言うことに反論する権利を与えられなかった。一方、国軍が行う選挙が近づいているので、国際社会にアピールするために来ただけだと避難者たちは言っている。「大事なことは、避難民の安全確保とニーズに応える責任です。戦闘はそもそも国軍側から始まったのですから。」と、避難民キャンプに出入りしていた元行政官は「時代の眼」に語った.


時代の眼/写真:APK ヤカイン州の避難民キャンプ

(လွတ်လပ်သည့် မီဒီယာအဖြစ် ရေရှည်ရပ်တည်နိုင်ရေး သင်တို့အကူအညီလိုအပ်နေပါသည်။ ဤနေရာတွင် www.eraseye.com/donation နှိပ်၍ လှူဒါန်းနိုင်ပါသည်)

ဆက်စပ်သတင်းများ

ミャンマー ニュース

国軍空爆で130名が死亡

  • 2023 ခုနှစ်၊ ဧပြီလ 13 ရက်
  • 221 Views
2023年4月11日、ザガイン地方域カンバルー郡区バズィージー村 2023年4月11日午前7時45分、ザガイン地方域カンバルー郡区バズィージー村でNUG統制下の市民防衛隊の指令事務所の開設セレモニー中、国軍戦闘機2機が飛来し爆弾を投下した。それが事務所の真上に落ちた。その後、Mi35ヘリコプターが飛来し、逃げ回る人々に向けて銃撃した。2023年4月13日現在、防衛隊関係者、一般人合わせて130名の死亡が確認されている。遺体の損傷が激しく死者数を特定できていないため、死者数は増える可能性がある。負傷者も多数にのぼり、治療中に亡くなる可能性のある人も多い。開設セレモニーには村の住民も招待され、食事等もふるまわれたので、子供たちも学校に行く前にここに集まって食事をしており、5歳から13歳の子供の遺体が30以上も確認されている。妊娠中の女性や子供連れの母親の遺体も見つかっている。このような時期にこのような式典に子供を含む一般人を呼んでいたことに国民から批判の声が出ている。 今回の空爆については、国軍側のスポークスパーソンのゾーミントゥンもメディアを通じて認めている。国軍側は、その日、NUGのPDF市民防衛隊指令事務所を開設するという情報を得て、爆撃したが、事務所の近くにPDFの武器弾薬貯蔵庫があったためにそれが爆発して被害が拡大したのだと主張している。NUG側は、国民の批判に対して、「記念式典ではなく、村の住民が勝手に集まっただけである。村の集会が開かれたので、NUG側も出席しただけだ。NUG関係者にも被害者が出ている。」と主張している。NUG側は、住民の集会をNUGの式典と伝えたとして、メディアを批判している。時代の眼が現地住民に行った取材によると、村住民は、NUGの式典が開かれたので、隣村の住民も出席していたと語った。現在。時代の眼では、詳しい情報を集めて確認作業を急いでいる。
ミャンマー ニュース

チン州ミンダット市にまた空爆

  • 2023 ခုနှစ်၊ ဧပြီလ 12 ရက်
  • 340 Views
2023年4月11日、午後7時46分、国軍のジェット戦闘機2機がチン州ミンダット市付近に飛来し、7の爆弾を投下した。ミンダットの住民への電話取材によると、大きな爆発音が聞こえたので、窓から山のほうを見ると、燃え上がる炎が見えた。 翌12日の午前中、爆撃された場所に行ってみたところ、爆発していない不発弾が3つ見つかった。このため国軍のジェット機は少なくとも7つの爆弾を投下したと考えられる。この空爆による被害者はなかった。 チン州は山の多い州なので、山の畑で働く人が多い。チン州では、不発弾を見つけても触らないで、最寄りの行政機関に連絡するよう呼びかけている。 マグウェ地方域、チン州、カヤー州、カレン州等では、2023年2月中旬ごろから国軍の空爆が多くなっている。
ミャンマー ニュース

ミンアウンフラインが国軍記念日78周年式典で
NUGと少数民族武装組織の一部を殲滅せよと演説

  • 2023 ခုနှစ်၊ မတ်လ 27 ရက်
  • 110 Views
ミンアウンフライン国軍総司令官は、国軍記念日78周年記念式典の演説で、NUGは国軍攻撃を目的に設立された組織であり、NUGとNUGのPDFに加担している少数民族武装組織も反政府組織として殲滅せよと述べた。また、現在、国軍の組織増強と攻撃力の向上に取り組んでいること、最新鋭の軍備の導入と攻撃力の向上に努めること、国軍内の団結を強めること、国民に対する10規律を遵守することを説いた。 3月27日は国軍記念日といっているが、これはイギリスと組んでファシスト日本軍を追放した記念日である。
ミャンマー ニュース

カヤー州デモーソウ郡区で国軍とKNDFが衝突、国軍部隊が全滅

  • 2023 ခုနှစ်၊ မတ်လ 27 ရက်
  • 96 Views
2023年3月24日正午頃、国軍部隊が、カヤー州デモーソウ郡区ドータマジー村をヘリコプター2機と戦闘機1機で4回にわたって攻撃した。27日夜のKNDFの発表によると、この攻撃で村の家屋約100棟が全焼した。25日未明にも、避難民がいるとみられる山間部を戦闘機で4回にわたって空襲した。 3月11日には、国軍部隊がドーニンクー村に侵入し、家々に放火し、バイク等を仏教寺院の敷地に持ち込んで焼いているところを、KNDFのドローンが撮影していた。国軍とKNDFが衝突したドータマジー村では、国軍が民家に放火し、村の住民を拘束したため、今でも行方不明者が残っている。 3月20日から23日の間の、ドータマジー村での衝突では、国軍部隊の約90名が死亡し、KNDFが国軍の武器等を没収した。この報復として24日、国軍部隊の空襲が行われたのである。 国軍部隊は、ドータマジー村、ドーソーピャ村、ドーニンクー村等を巡回しているので、KNDFでは、村に近寄らないよう、また、自宅に帰らないよう注意を呼びかけている。
ミャンマー ニュース

ザガイン地方域ウェッレ郡区タンマーヨー村
国軍部隊が侵入、放火

  • 2023 ခုနှစ်၊ မတ်လ 21 ရက်
  • 100 Views
ザガイン地方域ウェッレ郡区タンマーヨー村に国軍部隊が侵入、放火した。269棟が焼失。村の仏教寺院まで放火した。国軍が去った後、逃げ遅れて家のなかで死んでいた70代の女性が発見された。 家を失った人々は、避難生活を余儀なくされているが、食料や避難用のテント等の物資が不足しており、国民の援助を求めている。
ミャンマー ニュース

国軍総司令官ミンアウンフライン、地方防衛隊との衝突の最も多いザガイン地方域で国軍内の団結を強調

  • 2023 ခုနှစ်၊ မတ်လ 20 ရက်
  • 215 Views
3月19日、国軍のミンアウンフライン総司令官が、国軍と地方防衛隊との衝突が最も多いザガイン地方域を訪問し、スピーチで国軍内の団結の重要性を力説した。戒厳令発令後は、ザガイン地方域モンユワ軍区所在の北西方面指令本部が指揮を執ることになり、ザガイン地方域の14郡区、マグウェ地方域の5郡区、チン州の7郡区を管轄下において、掃討作戦や村々への放火が激しくなっている。
ミャンマー ニュース

北部連合7グループが中国の介入を歓迎

  • 2023 ခုနှစ်၊ မတ်လ 17 ရက်
  • 158 Views
シャン州ワ自治管区パンサン市内で、3月15、16日、北部連合7グループ、FPNCC(連邦政治交渉協議委員会)の会議が行われ、7項目の声明が発表された。声明の中で、現在のミャンマーの状況解決のために中国が介入することを歓迎し、緬中国境の安定のため、中国政府との協力を継続することなどが発表された。 KIO(カチン独立機構)会長のインパンラ将軍、アラカン軍総司令官トゥンミャッナイン、TNLA(タアン民族解放軍)ターアイポウン会長、UWSA(ワ州連合軍)幹部、SSPP(シャン州進歩党)幹部、MNDAA(ミャンマー民族民主同盟軍)幹部、NDAA(民族民主同盟軍)(マインラー)幹部らが出席した。7グループのうちUWSA、NDAA、SSPPの関係者が2023年1月5日、ネピドーで軍評議会の平和構築委員会と会談した。 中国は、国際社会で孤立している軍部政権の主要な同盟国であり、武器の提供も行っている。中国は、軍部政権を独裁体制と呼ぶことを否定している。UWSAは2万5千の兵士を擁し、中国とのつながりが強い。FPNCC(連邦政治交渉協議委員会)の声明では、中国がどのようにかかわるかについての詳細には触れられていない。FPNCC(連邦政治交渉協議委員会)のグループは、クーデター後、国軍打倒を目指す各地の防衛隊を受け入れ、キャンプを提供し、軍事教練等を行い、武器を提供している。 中国の一帯一路構想のほとんどは、中国内陸部からミャンマー北部を通ってインド洋に出る経路をとるため、ミャンマー北部の政情安定が不可欠の条件となる。2022年12月、鄧錫軍が中国アジア問題特使に任命され、3月にネピドーでミンアウンフラインと2回会談し、2月には、UWSA、KIA、NDAAの幹部と会談している。 2017年、国軍の掃討作戦で避難したロヒンギャ難民をミャンマーに戻すため、中国の外交官がパイロットプロジェクトとして緬中間に入って調整を行っており、近い将来、ロヒンギャ難民のミャンマー帰還を実現させると、在バングラデシュ中国大使が記者会見で述べた。 国連は現在、国軍のロヒンギャ等の少数民族に対するジェノサイドについて調査中である。
ミャンマー ニュース

国軍がインマーピン郡区コウン村に侵入、家屋700棟全焼、約1400世帯が家を失う

  • 2023 ခုနှစ်၊ မတ်လ 1 ရက်
  • 97 Views
2023年2月28日夜、国軍がザガイン地方域インマーピン郡区コウン村に侵入し、放火した。約700棟が全焼し、約1400世帯の人々が家を失った。 国軍が村に侵入する前に、侵入を防ごうとして地方防衛隊が抵抗したが、国軍は攻撃ヘリコプターも動員して激しく攻撃したため、防ぐことができなかった。 国軍部隊が撤収した後、住民が村に戻って確認したところ、3人の遺体が発見された。現在、身元確認を急いでいる。